編集部

【開局支援金募集中】令和元年、筑豊・田川にコミュニティFMラジオ局開設へ着々と進行中の共同ポケット

始まりはジモト田川

株式会社共同ポケットの共同代表のひとり山本剛司氏は、一般社団法人川崎町観光協会の初代事務局長で、今となっては毎年超満員となる「かわさきパン博」の尽力者。山本氏と並んで共同代表となる青木美香氏は、アナウンサーとしてメディアで活躍し、現在もフリーで活躍中。書道家としての顔も持ちます。

山本氏は福岡県の川渡り神幸祭のお膝元、田川市出身、一方青木氏は川崎町出身。2013年に炭都筑豊・生きている記憶遺産探訪ツアーから始まり、2014年、「チクホウフォーカス2014in福岡市」で映画祭を開催するなど、任意団体として様々なツアーやイベント、商品企画を行ってきた。また2017年には、田川弁が載った東京五輪開幕まで3年間のカウントダウンが楽しめる日めくりカレンダー「最大3年使える! 毎日いい漢字・破らない日めくり366 for 2020」も発売するなど、田川地域に根差した活動をされています。

任意団体から5年、令和元年に株式会社に!!

全国に300以上あるコミュニティFMは、それぞれの地域性や独自の存在感で地域と共存しているのですが、田川でも今回共同ポケットは2019年中の開局を目指しています。
5年が経ち、令和という新時代の幕開けを「株式会社共同ポケット」として動き出します。

田川にいても意外と知らない田川のこと・ひと・場所をリアルタイムに発信するコミュニティFMその名も「リバーサイドFM」の開局に向けて現在活動を開始しました。

炭都閉山後の荒野に残る夢の跡「ポケット」で育まれた発想で、地域や企業、そして人と人とを繋ぎ想いを共有できる広報発信・イベント企画をプロデュースする共同ポケットに期待している。

コミュニティFMの開局に向けた皆様からのご支援を!

具体的に開局までには放送機材やスタジオ整備、アンテナ設置など、ハード面をだけで最低でも1,000万円以上の費用が必要です。
株式会社共同ポケットは、コミュニティFMの開局に向けた資金調達も始めました。5/17~6/16には、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて資金調達のプロジェクトを実施。約50万円の支援が集まりました。また株式会社共同ポケットの公式サイトでも開局支援金を募集しています。1,000円からご支援いただけますのでぜひよろしくお願いします。

株式会社共同ポケット

経営理念: 温故知新と想像力で希望の絶えない未来を創造する
設立: 2019年 4月 4日
代表者(共同): 山本 剛司 / 青木 美香
本社所在地: 福岡県田川市新町5−22
株式会社共同ポケットホームページ