飲食店

筑豊を代表する回転寿司「一太郎」へ潜入してみた件

筑豊人に「寿司屋でうまい場所」を聞くと多くの人が「一太郎」を口にする。
そんな一太郎はどんなところなのか、今回チクホウチャンネルは初めての企業潜入をしてみた。

6時過ぎという晩飯としては少し早い時間でもこんなに車が並んでいる。
私はよく、横の国道を通るがどの時間帯を通ってもこんな感じがする。
大盛況だ。

隣の建物は魚市場となっていて、鮮魚や加工品等が販売されている。

敷地内をぐるぐる回っていると裏庭を発見!!
ここはまだできて間もない新しい場所だそうです。

なにやら猫がイメージキャラクターなのか、、、
猫のポスターが多い。

飼っているのではなく、猫を保護してるそうです。
一太郎グループでは猫を保護する動物愛があるんですね。

いざ、本部へ!!
すると、社長自ら応対していただきました。
猫の保護は数年前から、地域と企業と、共感いただいた有志で支援を行なっているそうです。

保護猫に関して興味があるかたは直接一太郎グループの方へお問い合わせください。

そんな一太郎グループとは、初代代表平岡土岐彦氏が昭和62年2月に飯塚市庄内で卸売業として開始。数年後飯塚市鯰田に移転。現在は回転寿司一太郎(寿司店)を2代目坂口隆憲氏、応対をしてくださった3代目坂口勝彦がほとめき市場一太郎(市場)を分担し一太郎グループを牽引している。

メディアでも話題になったこちらのポスター。
ある番組の「この写真で一言」に似ていてウケました。


今後の一太郎グループと筑豊(飯塚)への想いをお伺いしました。
3代目:「地域に留まらず市内外のお客様から愛される会社となり感謝している。今でも筑豊は人口が減っている中で、働き手も不足となる中でどのように運営していくかを絶えず考えています。飯塚で生まれ育ち、筑豊が大好きなので、これからも地域とともに共存していけるよう頑張ります。」

地域愛、動物愛ある坂口社長とはお会いして5分で地域に関するお話ができるほど話しやすいお方でしたが、「写真はNGで!!」とにこやかにお断りされましたww。

今後もチクホウチャンネルは一太郎グループと繋がっていきます。

ほとめき市場 一太郎 〒820-0001 福岡県飯塚市鯰田1646−6