編集部

筑豊=爆破の町として新しいイメージを定着させたユニークな町糸田が地域おこし協力隊を急募!!

糸田町ってこんなところ

九州は都会から1時間も車を走らせると緑が多くて、自然が溢れた場所に行ける。
福岡県の二番目に小さい町「糸田町」。福岡市内から車で1時間ちょっと。


一転して、最近テレビでも話題になっているのが爆破の町。

実際に爆発するのではなくて、爆発の映像を取ることとかスタントの撮影に使われるってこと。
その時の映像がこちら。

行政としてはスケールを超えている。
そんなユニークな町が地域おこし協力隊の募集が始めた。

なぜ?わからない・・・けど想いは熱い!!

2018年春、1年の構想をかけて多目的施設「いとよーきた」がオープンした。主に地域の人が、「なにかはじめてみたい」と形にできる場所を作りたいと熱い想いがあったから。
小さい拠点に笑顔が溢れるはず・・・だったはず・・・

1年経った今、閑散とした施設に戻り、オシャレさもない。
糸田町役場の職員は、地元の人が多い。地元の人にしかわからない知識もある。
その凝り固まった考えを吹っ飛ばしてほしい!!
そこで、地域おこし協力隊を募集し、ぶっ飛んだ考えをぶつけてほしい、と担当者の想いは熱い。

簡単に説明すると、ワクワクできることを共有したい(by担当者)
できるできんやないで、なんでもトライする人を求めちょるバイ!!

募集要項はこちらをクリック

 

募集人員2名

糸田町内で発見し隊1名
糸田町外へ発信し隊1名

簡単に説明すると、
町内で特産や場所、さらには課題を発見するのが発見し隊。
町外へSNS等で発信したり、イベントへの積極的な参加をするのが発信し隊。

対象

20~40歳くらいで年齢不問。
1年以上糸田町に住民票を移すことができること。
普通自動車運転免許を持っていて、運転できること。

活動について

拠点「いとよーきた」で、出入りは自由
週35時間勤務で基本土日祝は休み
月額20万円(家賃補助半額)
活動経費は予算有

待遇・福利厚生

社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険)加入
車のリース、燃料費、パソコン等活動用であれば予算対象
通常業務に支障がなければ副業OK!!
糸田町は本気の方に本気で応援します!!

募集要項はこちらをクリック

応募の手続き

9月30日(月)まで
提出書類

  • 応募用紙
  • 住民票秒本(発行後1ヶ月内のもの)
  • 運転免許証の移し

申し込み・問い合わせ先
〒822-1392 福岡県田川郡糸田町1975-1
糸田町役場地域振興課企画係(担当 森下・原)
TEL: 0947-26-4025
FAX: 0947-26-1651
mail: chiiki@town.itoda.lg.jp

選考の流れ
1次審査・・・応募者全員に文書にて結果を通知します。
2次審査・・・1次審査通過者を対象に面接を行います。(交通費・宿泊費等は自己負担となります)
2次審査参加者全員に文書にて結果を通知します。また、不採用となった場合の理由はお答えできません。

募集要項はこちらをクリック