編集部

最近話題のDX 企業は無視できないデジタルマーケティング

だけど商売の根本的な原理って 商品を作って売る。 商品を仕入れて売る。 これですよね。 しかし、消費者のニーズをわからずに商売をしている人も少なくありません。 インターネットやネットショッピングが当たり前になった今の時代だからこそ、デジタルマーケティングはとても重要になってきます。

ホームページ

あなたの会社はホームページがありますか。 ワードプレスやWixといった安価で手軽に作れるサービスがあります。 それでも無料にしたいという方は、SNSのページをホームページがわりにしている企業や店舗もあります。 どちらが良くてどちらが悪いということではありません。このように、お客さんに対して、「私(たち)はこのようなサービスをしていますよ」ということを消費者に説明しなければわかりませんよね。 ワードプレスを使ってホームページを作ると、多機能なので、構築するのに手間がかかることはありますが、プラグインを使うことができるので、どのような人がサイトに訪れているとか集計もできます。 また、レスポンシブデザインとなるプラグインテーマがたくさんありますのでスマホに対応した見た目にも対応できます。 スマホで見てるのに、PC用で拡大しないと見づらいサイトって正直あまり見たくないですよね。 いますぐ一つでもいいので始めましょう。

ブログ

大事ですよね。 SNSでもブログでも定期的に更新されている方が信用性も安心感もあります。 投稿された記事が毎回届いていることはまずないといってもいいです。 あなたもお気に入りのお店や企業のブログやSNSを毎回見ていると言えますか。DM(ダイレクトメール)等で更新情報がきてもスルーすることもありますし、気になった記事のタイトルやサムネイルを見てから「みる・みない」を判断しますよね。それは人によりきりですので、全てが良いということはありませんが、更新することが大事です。 あなたのがんばりや日頃の努力を届けることも今から始めましょう!

SEO(検索エンジン最適化)

SEOとは、検索エンジン最適化のことです。GoogleやYahooで検索した際に、信頼性や有益な情報から順に上位表示されます。 ホームページ(サイト)を作って、ブログやSNSを更新していても見られなければ元も子もありません。 検索キーワードでトップ10(1ページ以内)になるような文章の書き方や検索数のアップのためにSNSを使ってハッシュタグ(#)を効果的にする必要があります。 自分でやるのが大変でしたら誰かに頼むもよし、予算があればSEOに特化した会社やコンサルティング会社に頼むもよし!

動画

ここ最近では、長い文章をみる機会が格段と減りました。 SNSでも短文で要件がわかりやすい方が見られますし、動画の場合は視覚的に理解しやすいことからトレンドにもなっています。 編集してバッチリ決めた動画が全てではありません。ライブ配信のような編集しない動画の方が親近感が高まり、消費者の共感性が高まりやすいこともあります。 Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)、YouTube(ユーチューブ)を効果的に使いましょう!

DM(ダイレクトマーケティング)

ダイレクトマーケティングとは、お客さんに対して直接アプローチする方法です。 お店で何かを購入したりサービスを受けた際に、住所といった情報から、家にハガキが届くといったことがありましたよね。それも効果的ですが、ハガキの場合、少なければいいですが、100を超える数になると送料だけでもバカになりませんよね。 今はメールアドレスを聞いて、メールでお得な情報を配信したりするメールマーケティングも盛んに行われています。 新規のお客さんを掴むよりも、既存の顧客の来店頻度向上の方が確実的な効果があります。 メルマガのようなものですね。 参考にしてみてください。

有料広告

GoogleやFacebookに有料で広告することです。 これはターゲットを絞ることができるとてもメリットのある広告ですし、クリック広告がほとんどですので、今まで10万円、100万円と広告代理店に決まった金額の契約ではなく、クリックされた課金方式ですので、どれだけクリックされてリーチできたか判断できます。また、無限ではないので、予算も決められることからとても効果的な広告となります。

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、Cookieを介して、ユーザーがウェブサイトを訪れたことがあるとデータがプラットフォームに通知され、関連性の高い広告が表示されるようになります。 関連性の高い広告が表示されるわけですから、とても効果的です。

MA(マーケティングオートメーション)

マーケティングオートメーションとは、デジタルマーケティングを自動化させたものです。多くのデジタルマーケティングの中で、今後とても重要になってくると予想されています。 予算にもよりますが、デジタルマーケティングはインターネットでユーザーのニーズ・動向など自動化できるわけですからとても便利なツールです。オンラインで商品を扱っている場合は使うことをオススメします。

まとめ

ざっと、デジタルマーケティングについて書きました。 うちはインターネット上で商品を扱っていないからそんなの必要ない、なんてことはありません。それであってもホームページとなるようなものは必要です。 上から順に優先順位となっています。 検討したり、さらに知識を高めたりしてみてください。 わからないことや相談はお問い合わせください。 最近よく聞くDX(デジタルトランスフォーメーション) 簡単に言えば、デジタル化して効率化させましょうってことなんだけど、 それでもフワッとしすぎですよね。 だけど商売の根本的な原理って 商品を作って売る。 商品を仕入れて売る。 これですよね。 しかし、消費者のニーズをわからずに商売をしている人も少なくありません。 インターネットやネットショッピングが当たり前になった今の時代だからこそ、デジタルマーケティングはとても重要になってきます。

ホームページ

あなたの会社はホームページがありますか。 ワードプレスやWixといった安価で手軽に作れるサービスがあります。 それでも無料にしたいという方は、SNSのページをホームページがわりにしている企業や店舗もあります。 どちらが良くてどちらが悪いということではありません。このように、お客さんに対して、「私(たち)はこのようなサービスをしていますよ」ということを消費者に説明しなければわかりませんよね。 ワードプレスを使ってホームページを作ると、多機能なので、構築するのに手間がかかることはありますが、プラグインを使うことができるので、どのような人がサイトに訪れているとか集計もできます。 また、レスポンシブデザインとなるプラグインテーマがたくさんありますのでスマホに対応した見た目にも対応できます。 スマホで見てるのに、PC用で拡大しないと見づらいサイトって正直あまり見たくないですよね。 いますぐ一つでもいいので始めましょう。

ブログ

大事ですよね。 SNSでもブログでも定期的に更新されている方が信用性も安心感もあります。 投稿された記事が毎回届いていることはまずないといってもいいです。 あなたもお気に入りのお店や企業のブログやSNSを毎回見ていると言えますか。DM(ダイレクトメール)等で更新情報がきてもスルーすることもありますし、気になった記事のタイトルやサムネイルを見てから「みる・みない」を判断しますよね。それは人によりきりですので、全てが良いということはありませんが、更新することが大事です。 あなたのがんばりや日頃の努力を届けることも今から始めましょう!

SEO(検索エンジン最適化)

SEOとは、検索エンジン最適化のことです。GoogleやYahooで検索した際に、信頼性や有益な情報から順に上位表示されます。 ホームページ(サイト)を作って、ブログやSNSを更新していても見られなければ元も子もありません。 検索キーワードでトップ10(1ページ以内)になるような文章の書き方や検索数のアップのためにSNSを使ってハッシュタグ(#)を効果的にする必要があります。 自分でやるのが大変でしたら誰かに頼むもよし、予算があればSEOに特化した会社やコンサルティング会社に頼むもよし!

動画

ここ最近では、長い文章をみる機会が格段と減りました。 SNSでも短文で要件がわかりやすい方が見られますし、動画の場合は視覚的に理解しやすいことからトレンドにもなっています。 編集してバッチリ決めた動画が全てではありません。ライブ配信のような編集しない動画の方が親近感が高まり、消費者の共感性が高まりやすいこともあります。 Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)、YouTube(ユーチューブ)を効果的に使いましょう!

DM(ダイレクトマーケティング)

ダイレクトマーケティングとは、お客さんに対して直接アプローチする方法です。 お店で何かを購入したりサービスを受けた際に、住所といった情報から、家にハガキが届くといったことがありましたよね。それも効果的ですが、ハガキの場合、少なければいいですが、100を超える数になると送料だけでもバカになりませんよね。 今はメールアドレスを聞いて、メールでお得な情報を配信したりするメールマーケティングも盛んに行われています。 新規のお客さんを掴むよりも、既存の顧客の来店頻度向上の方が確実的な効果があります。 メルマガのようなものですね。 参考にしてみてください。

有料広告

GoogleやFacebookに有料で広告することです。 これはターゲットを絞ることができるとてもメリットのある広告ですし、クリック広告がほとんどですので、今まで10万円、100万円と広告代理店に決まった金額の契約ではなく、クリックされた課金方式ですので、どれだけクリックされてリーチできたか判断できます。また、無限ではないので、予算も決められることからとても効果的な広告となります。

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、Cookieを介して、ユーザーがウェブサイトを訪れたことがあるとデータがプラットフォームに通知され、関連性の高い広告が表示されるようになります。 関連性の高い広告が表示されるわけですから、とても効果的です。

MA(マーケティングオートメーション)

マーケティングオートメーションとは、デジタルマーケティングを自動化させたものです。多くのデジタルマーケティングの中で、今後とても重要になってくると予想されています。 予算にもよりますが、デジタルマーケティングはインターネットでユーザーのニーズ・動向など自動化できるわけですからとても便利なツールです。オンラインで商品を扱っている場合は使うことをオススメします。

まとめ

ざっと、デジタルマーケティングについて書きました。 うちはインターネット上で商品を扱っていないからそんなの必要ない、なんてことはありません。それであってもホームページとなるようなものは必要です。 上から順に優先順位となっています。 検討したり、さらに知識を高めたりしてみてください。 わからないことや相談はお問い合わせください。