編集部

【コラム】地方ビジネスとは何か考えてみた件

この記事の目次

現状

地方創生という言葉がある反面、
地方の少子高齢化は最も深刻だ。

人が少なくなるということは、
産業自体が低迷、衰退していくということ。

もちろん今となっては、流通がよくなったため、6次産業が生まれ、
一農家だった方が自ら商品を都市部へ販売することも可能になり、
また一極化と都市部への移住だけではなく、
週末移住や2拠点移住という言葉があるように、
週末地方へ行って農業をやっている人もいる。

流通や交通が良い都市部の魅力もある中、生まれ育ちとは関係なく、
地方の魅力を感じて移住していく人も増えてきた。
最近はコロナ移住という言葉が生まれるほど、
地方に移住したい、した人が増えている。

気づいていなかったが、時代と共に変化するビジネスの中で、
地方ビジネスも時代と共に変化することができなければいけないよ!って言っている気がした。

移住をして・・・

私も地方創生に興味を持ち、まちおこしに興味を持ち、移住した輩。
だけど、それって答えじゃないとすぐは感じなかったけど、
そこ(移住先)で生活してみてわかることがとても多かった。

地方創生?
地域おこし?
起業・創業?
事業継承・事業承継・M&A?
企業誘致?
新規事業?

ビジネスのビの字も知らなかったが、上記の言葉なんかもっと知らなかった。
地方に移住してみると、とても身近なことだと気づいた。
だけど、どれが正解なのかもわからなければ、
どれも答えはない。
やってみないとわからないこともたくさんある。

最近話題の元ホストで実業家のローランド氏。
彼の感性はとても共感できるし、とても好きだ。
「100人が間違っていると言っても、その100人が間違っているかもしれない」とか、
「なんでホストが社会貢献とかしてるの?って言ってる人がいた」とか
もちろん彼は言葉だけではなく、行動を起こして、
実績を出してきたから、彼の発言にはさらに影響力がある。

私も考えさせられたその一人。

事業計画書ってなんだ!?
株式会社!?合同会社!?
企業誘致?もっと考えることがあるだろ!
雇用?その前にやるべきことあるだろ!
・・・etc.

としておこう。