編集部

コスプレ・アニメで地域を変革した 鞍手・くらて学園

閉校活用の転機

コスプレでバズっている町があると噂で聞いた。
コスプレには多少興味があったが、
最近のアニメや漫画は多すぎて新しいものが頭に入らない・・・
という前置きがあった上で、1度の噂で動かなかった私は、
ついに当事者と出逢ってしまった。
イベントで!
しかも目の前の席w
当事者の寺田さん「今度きてください」
私「行きます」
二つ返事で決めた。

行ってみると、南中学校とある。
???
聞いた「くらて学園」という表記がなく、
間違ってたら不法侵入だもんな〜とか思いながら恐る恐る敷地内へ。

入り口まで来たのに看板がない!
見落としたのかな〜とか思いながら振り返ると、

羽根のアート・・・
インスタ映え!!
これは間違いない!!
中へ入ると、すぐに寺田さんが来てくれて、
案内してくれた。

たくさんのロケーションが、学校という元を生かされてある。

もちろんインバウンドの向けに和室や着物を用意されてある。

撮影スポットだけではなく、テナントとしていろんな小道具が置いてある部屋もある。

リラクゼーションの部屋はとてもお洒落だった。
学校だった特性上、簡単に泊まることができないようで、
宿泊機能は併設されていない。
しかし、今後考えがあるようです。

コスプレイヤーの方々がデザイン・アートしたものが至る所にある。
とてもユニークでかわいいものばかり!

ちなみに漫画部屋もある。
寺田さんに
私「どれくらい読みました?」
寺田さん「全然です。そもそもここに来るまでマンガはほとんど読んだことないです」
私「・・・そうですよね・・・」
写真は一部です。
この5倍は確認しました。

1階にはテナントが6つほど入居されていました。
縫製屋さんやオーダーシューズ屋さん等

寺田さんに今後のくらて学園について聞いて見ました。

最初のとっかかりとしてコスプレイベント等を企画して反響を呼ぶことができたのはとても良かったです。しかし、コスプレだけというわけではないので、少しイメージを変えて行けたらと思っています。もっと地域や地域の方々が交流できる場所として、くらて学園の価値を創造できたらと思っています。

くらて学園は鞍手町、直鞍地区、そして筑豊でも唯一無二の存在を作っていこうとしている。

くらて学園のホームページはこちら